新着情報

畳にカビが発生しまった時の対処方法

更新日:2021.5.28

これから、梅雨☔に入ってきます。

6月~9月までは、湿度が高く、ジメジメして不快に感じる日が続きます。

湿度が高くなると、いろいろなモノに『カビが発生してきます。

室内では、浴室やトイレ・洗面室等の水廻りが代表的ですが、和室の畳にも『カビが発生します。

その原因は、湿度が65%以上続くためです。

そして、湿度が高い状態が続くと調湿性のある『畳表(天然のイ草)は、湿気を吸収する働きがあるので、吸収しきれずに飽和状態になりカビが発生する』という結果になります。

毎年、『畳にカビが発生したのですが、どうしたらいいですか?』 という質問が度々寄せられます。

厳密には畳全体に発生するのではなく、ほとんどのケースが畳表(天然イ草)に発生するもので、時期的には湿気の高い状態が続く6月~9月の時期が一般的だといえるでしょう。

また、畳表が新品の状態(1年~2年位)に発生・繁殖する傾向があります。

 

■畳のカビ■

カビの胞子(非常に小さく目で確認できない)が空気中から畳表に付着し、カビの発生条件を満たすことで畳表に繁殖します。

この考え方は、風呂場や室内の壁紙クロスなども同じです。畳のカビは、初期段階でアオカビが多いのですが、空家や1ヶ月以上放置したお部屋などでは、クロカビ・アカカビなど様々なタイプを繁殖させます。

■畳表のカビ発生要因■

カビの発生条件は、ダニの繁殖条件とに似ています。

条件として、温度・湿度・空気(酸素)・養分です。

特に温度と湿度が重要な要素と考えます。温度(お部屋の場合は室温)が、20~30度で、湿度が75%以上で、この条件が継続的に続いた場合に畳表表面にカビが見える形でわかります。

天然イ草の畳表は、空気の吸収・放出を自然に行う性能があり、「空気中のホコリを吸収付着」「湿気を調節」する性質を持っています。当然これは日本の風土からすると快適なのですが、反面湿度が極端に継続する場合は、どんどん湿気を吸収してしまいます。

新しい畳表ほどこの能力は高く、古く使われた畳表はイ草が潰れてこの機能が衰えています。

よって新しい畳(畳表)ほどカビが発生・繁殖しやすいというわけです。
また、2階のお部屋ではカビ無いけど、1階和室が発生するケースがあります。

2階は高温(32度以上)で湿気が低い条件であり、かわって1階は建物床下の湿気を含みやすい条件であると考えてください。

私たちの経験で、カビが多く発生した条件例やケースをあげてみます。

  • 昼間留守で和室を締め切っている。(共稼ぎなど)
  • 梅雨・夏季が多湿・高温な年である。(6月に湿気て、8月に夏日が続くなど)
  • 建物床下が湿気の要因を持っている。(ジメジメしている)
  • お部屋の位置が風通し、日当たりが悪い。
  • お部屋にタンスなどが多く、室内の風通しが悪い。
  • コンクリートマンション系の建物で、締め切りが多い。
  • 新しい畳の上に何か敷物をしている。(通気が原因)

■カビが発生した時の対応■

軽いカビの発生

(畳表面を触るとカビているのがわかる程度)

天気の良い日に窓を開ける。

畳目に沿ってカビを掃除機で吸い取る。

畳目にそって乾拭きをする。

これを4回程度繰り返す。

掃除機は、手で持ち上げてゆっくりとかける。

掃除機のファンでカビの胞子が舞わないように

意識してなるべく気をつける。

 

重度な繁殖

(5mm程度畳全面繁殖している)

天気の良い日に、畳を室外に出して掃除する。ホウキや掃除機、乾拭きを使う。

3,4日ほど晴天の日に、畳を乾燥させる。

この時畳表が日焼しないように、日陰干しか、畳表面を裏返すようにします。

※畳を室外に出せない場合

(タンスや荷物が移動できないなど)

畳店に相談してみる。乾燥殺菌処理ができます。

費用が掛かりますが、適切な対応をお願いできます。

■上記の方法でカビが落ちない場合■

<アルコールなどの消毒の効果は?>

この方法は実はあまりお奨めしていません。

消毒液の種類や分量水拭きの状態などによっては、畳表の変色・痛みだけでなく湿気により、ダニを繁殖させてしまう場合もあります。

また薬品の取り扱いの問題もあるでしょう。

私たちの経験で畳のカビ対策・防止は「お掃除」「乾燥・風通し」で十分に効果があります。

アルコール消毒は、その後ダメな場合に行う事をご提案致します。

■どうしてもカビが落ちない場合の最終手段■

<アルコールの拭き取り>

エタノール(アルコール)と水を7:3で、70%に詰め替え用のスプレーに希釈し、畳へ吹きかけて乾いた布で拭き、エアコン又は除湿器で除湿するか、扇風機で強制的に乾燥させてください。

最後に、掃除機を使いカビを吸い取ってください。

※上記の方法は、あくまで最終手段であり自己責任で行ってください。

ご不安な場合は、まずお近くの畳店にご相談をお勧めします。

また、弊社でもご相談を承っております。

お気軽に下記までお問合せください。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

たたみの関川 水戸店

住所:茨城県水戸市見和2丁目232−53

TEL:0120-593-042

営業時間:8:00〜17:30

Google map

https://g.page/tataminosekikawa?share

 

たたみの関川 小美玉店(本社)

住所:茨城県小美玉市上玉里118−15

TEL: 0120-010-518

営業時間:8:00〜17:30

Google map

https://goo.gl/maps/fWdMbtm34qCEfuyx7

 

たたみの関川 小山店

住所:栃木県小山市喜沢1475−154

TEL:0120-010-518

営業時間:8:00〜17:30

Google map

https://goo.gl/maps/UfVbjTc9TATqej6K9

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/